スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人工海水の水質・・・測ったよ。。。

あなごんべの使用している人工海水はマリンルートワンオリジナルの「クマリンシーソルトプレミアム」です。
2004年8月(当時はクマリンシーソルト)から愛用しています。
きっかけはそれまでライブシーソルトを使用していましたが水槽全体のサンゴの調子にムラがあるような感じがして気になっていたところに勧められたので騙されたと思って(爆)
でもこれが正解で約9年ライブシーソルトで感じていた調子のムラはありません。
決してライブシーソルトが悪い人工海水って訳ではありませんが我が家の水槽ではムラが感じられたということです。
そこでやはり気になるのがクマリンシーソルトプレミアムの水質。
測ってみました!・・・あっくれましたw。。。他の人が(超爆)
やっと念願が叶いました(ToT)
RO水専用の人工海水なのでRO水に溶かしています。

まずは参考に以前の1200水槽の水質

クマリンシーソルト(Caリアクターあり、添加剤なし)
換水:100L/週
pH:7.93
比重:1.025
KH:6
カルシウム:450
マグネシウム:1180
ヨウ素:0.06

先月までの600水槽の水質

クマリンシーソルトプレミアム(Caリアクターなし、添加剤なし)
換水:45L/週
比重:1.025
KH:8.0
カルシウム:400
マグネシウム:1200
カリウム:600以上計測不能

そして水槽に入れる前に測った数値。
ライブシーソルト
pH:8.2
比重:1.025
KH:6
カルシウム:420
マグネシウム:1350

クマリンシーソルト
pH:8.2
比重:1.025
KH:11.2
カルシウム:380
マグネシウム:1250
カリウム:400

クマリンシーソルトプレミアム
pH:8.4
比重:1.025
KH:14
カルシウム:410
マグネシウム:1250
カリウム:400

使用前の測定は全て同じ人同じ試薬なので測り方によるバラツキはあまり大きくないと思いますが、全くの同条件下での測定ではないので数値は参考程度にお願いします。
またこれらの数値は成分を保証するものではありません。
他の方では若干KHが低く出たりもしています。

クマリンシーソルトは人工海水の成分としてかなりの部分を占める塩化ナトリウムいわゆる塩について、原料に天然由来の岩塩を使うことで採取時期により測定値は若干変動する場合があります。
しかし、化学合成の人工海水と比べて微量元素、ミネラルを自然に取り込んだ海水に仕上がっています。


比較してみるとちょっとライブシーソルトのKHが低めですね。
いくつかのブログでも読みましたが溶解後すぐでもKHは6~7くらいだそうです。
ライブシーソルトを使用していてKHが低くて悩んでいる方は人工海水を変えてみるのも手かもしれません。
Caリアクターなしや添加剤なしでライブシーソルトはちょと厳しいかも。
クマリンシーソルトプレミアムは高KH故にか長時間撹拌していると白濁やケースの周りに白い膜が張る場合があるようです。
そのためか長時間の撹拌でKHが下がった値も出るようです。
ちなみにうちでは通常数十分~2時間くらいの撹拌で使ってしまうので上記のような現象は見たことがありません。
もっと凄い人(○海さんw)はRO水にクマリンを入れて手でガーっと掻き混ぜて溶け切っていない!?感じで、えっ!?ちょっ!?あっ!?と思っているうちに水槽に入れてました^^;
見ていてビビりました。。。
これはあまりお勧めしませんが完全に溶け切ればそれほど長く撹拌する必要もないかと思います。
ちなみにエアレーションもしたことありません。

600水槽でクマリンシーソルトプレミアムを使用してCaリアクターなし、添加剤なしでも昨年1年間ミドリイシの白化がありませんでした。
あなごんべ水槽ではかなり優秀な人工海水と言えるでしょう。
人それぞれの水槽や思い入れがあるので調子が良ければライブシーでも他の銘柄でも良いと思います。
水槽の調子が悪くて人工海水を何にしようか検討している方は参考にして頂ければ幸いです。
ちなみにZEOvitに興味がないので良くわかりませんが、ZEOvitにはクマリンシーソルトプレミアムは高KHのため向かないようです。

余談ですがショップオリジナルってどうなんだ?って思いませんか?
ショップオリジナルと言うと、どちらかと言うと安さで勝負的な物が多くて怪しい感じがしません?
正直私も半信半疑でしたがショップオリジナルの割には値段が比較対象(ライブシーソルトなど)となるメーカー物の人工海水と同じくらいなので悪くないのかなと^^;
メーカー物は万人受けされるような商品を作ると思いますが、オリジナルはやはり拘りが詰まっているのかなと(塩素中和剤の有無もその一つ)。
それでメーカー物と同じくらいの値段なら良いはずだ!と信じて(笑)
話は逸れますがa.m.p水槽でワームプロテクト加工が標準装備されていますよね。
実はこのワームプロテクト加工はもう10年以上前になりますが、マリンルートワンオリジナルでマリンルートワンで販売する水槽だけに加工されていたものなんです。
その後a.m.pからの申し出でワームプロテクト加工が標準になって今も引き継がれています。
やはりオリジナルには拘りがあって良いですね(^^)
クマリンも天然岩塩を使用しているし、防湿性を考えて2重袋包装だし拘っています。
ただマリンルートワンの場合、オリジナルで価格を抑えた廉価版もあるのが良いです。
クマリンシーソルトでもRP(レギュラープライス)シリーズといって、インスタントオーシャン並みに安い人工海水もあります。
餌でもクマリンとクマリンRPとまぁ色々ありますね^^;
他にはLEDやキャビネットになんとヨウ素の添加剤(980円だったかな?他にもあるのかな?)までオリジナルで出してました(゜o゜)
昨日行って気付いてちょっとビックリ^^;
行き付けのショップでオリジナル商品があったら是非使ってみては如何でしょうか♪
スポンサーサイト

来たー!

我が家にもあの業者がやって来た
どうしてもあなごんべ水槽の水質を測りたいと。。。←嘘です。お願いしました。
水質検査は1200水槽時代のこの時以来です。
現在のシステムはこちら
サンゴモリモリ、魚モリモリ、Caリアクターなし、添加剤なし、吸着剤なしの「換水で頑張る」システムです。
週1回の換水直前の水質が一番悪いと思われる状態で測って貰いました。
さて結果は

pH:未計測(8.0以下だと思う)
比重:1.025
アンモニア:未計測
亜硝酸塩:未計測
KH:8.0
カルシウム:400
マグネシウム:1200
ヨウ素:未計測
硝酸塩:1.0
リン酸塩:0.092
カリウム:600以上計測不能

Caリアクターも添加剤もない割には良い値が出ていますね。
これは人工海水の良い影響かも
使っている人工海水はあなごんべ一押しのマリンルートワンオリジナル
クマリンシーソルトプレミアム(※リンク先は旧タイプのクマリンシーソルト)
ミドリイシの成長も色揚がりも問題なく、今年に入ってから白化したのは購入時から白く怪しかったスハルソノイ1個体だけ(たしか2月で浅場系水槽に移行する前から残ってた個体)。
硝酸塩とリン酸塩が高いのは魚モリモリ餌バンバン状態なので仕方ないですね。
言い換えれば硝酸塩とリン酸塩もこの程度ならミドリイシ類には殆ど影響ないと言っても過言ではないかも。
1200水槽の時もCaリアクターは設置していたものの添加剤と吸着剤は一切なし(人工海水はクマリンシーソルト)。
無脊椎向けの良質な人工海水で1~2週間で定期的に換水していれば添加剤はまず不要でしょう。
あとは魚が多く不純物が蓄積されるので半年に1回の大量換水ですかね。
水質検査もやって損はないと思いますが数値に囚われ過ぎると大変ですよ。。。
もう10年以上前になりますがpHが8.0を超えなくてバッファー剤を毎日添加して苦労していましたが、ある時某老舗ショップで相談したところ「今の水槽の状態悪いの?状態良く飼われているお客さんもpH8.0以下の人たくさんいるよ。」だって。
そうなんだーと思ってそれからは水質検査も添加剤も止めました。
あなごんべ水槽はいつの時も魚モリモリ水槽なので換水は必須なんですよね。

添加剤不要説はあくまでも普通のベルリンシステムで換水大好きな人の話です。
絶対に状態良く飼える保証もありません。
Zeovitシステムや魚少なめのベルリンシステムでこまめに換水しない方は添加剤は必要です。

大量換水

この週末は春秋恒例の大量換水を実施
本当はもう2~3週間早くやりたかったんだけどね。
昨日になったら気温が低くてもうヒーターが必要だった
なかなか良いタイミングでB-BOX松戸店のブログに水質について書いてありますね。
なぜあなごんべが春と秋の2回大量換水をするかと言うとですね・・・。
松戸店のブログにも書いてある通りリン酸塩や硝酸塩など不要な物が水槽内には蓄積されてきます。
これは普段の1/4~1/3程度の換水では殆ど薄くはならないんですよ。
1/3換水したからってリン酸塩や硝酸塩の濃度は1/3薄くはなりません。
なのでどんどん濃度は濃くなってくるんですね。
そこで水槽の調子が良くても半年に1回は90%近い大量換水を実施するわけです。
そうすると蓄積されてきた不要物が水槽外に追い出されるんです。
これでまた綺麗な海水になってサンゴも魚も活き活きとするのでした

で内容はというと今回水槽を設置して初めてサンプ内のデトリタスを吸い出し綺麗にしました。
いつもは海水を抜くだけでデトリタスはそのまま。
ではなぜ今回サンプ内を綺麗にしたかというとスキマーのHS-3000をあなごんべスペシャルにするためにサンプ内で細かな調整をするためなんですね。
その際にデトリタスが舞うと水槽内にも入り込んでしまうためです。
サンプ内の海水をポンプ吸い込み口ギリギリまで抜き、サブタンクは水深2~3cmほどまで抜き、メインタンクは水深5cmほどまでガッツリ抜いちゃいます。
これで90%は換水出来たと思います。
換水後はなんとなくいつも以上に綺麗な澄んだ水槽になった気がしました
まぁガラス面のコケを取ったからということもありますが・・・

今回写真撮ってないから1年前の大量換水の図を見てね

お勧め人工海水クマリンシーソルト

マリンルートワン
あなごんべが6年間愛用しているマリンルートワンオリジナル人工海水
クマリンシーソルト←詳しくはマリンルートワンのHPを見てね!
塩素中和剤が入っていないあなごんべイチ押しの最高級RO水専用人工海水です(付属又は市販の塩素中和剤を使えば水道水でも使用可能だよ)。
海洋研究開発機構と連携・協力している横浜サイエンスフロンティア高等学校で海洋研究の人工海水として採用されている優れた折り紙付きの凄い人工海水です
研究活動に採用してるんですよ
値段は一般的な高品質の人工海水と同じくらいの1箱600L(200L×3袋)で7,140円(送料無料、離島は除く)。
それがなんと2箱1200Lで11,980円(ヤマト運輸配送可能な日本国内送料無料)
マジでオススメです
※一応断っておきますがクマリンシーソルトを使ったからといって水槽の調子が良くなる保証はありません。
  また人工海水の種類を変える時は念のため初めの数回は大量換水を避け1/4~1/5以下を目安に換水してください。

天然海水

ドーンと届きました高知黒潮天然海水
黒潮
一度は使ってみたかった天然海水。
でも複数頼んだ場合送料含めるとかなり高くなってしまうんですよね
水槽の調子も悪くないし特別使いたいと思うタイミングもなかったのでずっと見送っていましたが・・・。
見てしまいましたここ
プラスアルファにも期待
5箱以上で1箱送料込み1,280円
安いです
100Lほど欲しいので丁度5箱
しかも少し多めに入っているみたいで5箱で約110Lちょい入っていました
まぁ今回は安いというのと先週買った激レア様のためにも奮発しちゃいました
どんな変化があるかなぁ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。