スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水質管理

最近、他の方のブログを読んでいるとサンゴの一部白化が流行ってるようですね。
あなごんべ水槽は今のところ問題ありませんが念の為大量換水(300L)
水槽設置後9ヶ月経ちますが初めての大量換水です。
そこで水質管理について考えてみました。

あなごんべ水槽の水質管理としては1~2週間に1回約100L(全水量の約1/4)の換水をしているだけ。
シンプルなベルリンシステムで水質に関係するものは良質な人工海水・プロティンスキマー・Caリアクター・殺菌灯・JOD-MIXの添加のみです。
換水時の比重は特に計っていません。
100LのRO水に人工海水をコップ約9杯弱と正確には量を量らず適当です。
蒸発した分の足し水は1.5Lのペットボトルからサンプにドボドボドボっと無造作に毎日減った分だけ(約3L前後)入れています。
プロテインスキマーの汚水カップの掃除は1~2週間に1回の換水時だけ。
CaリアクターのCO2は約1秒1泡で排水は約1秒1滴と決めてKHの数値は考えていません。
JOD-MIXの添加は付属のスポイトにシュポッっと吸って水槽にプシュッっと入れるだけで量は何滴かわかりません。
JOD-MIXもコーラルパラダイスさんの記事をみると必要なさそうなので今のが切れたら入れない予定です。
硝酸塩やリン酸などの吸着材は何も使っていません。
水質検査はpH、KH、Ca、NO3、PO4等々ありますが何も計っていません
餌もガンガンあげてます。
こんないい加減なあなごんべ水槽ですが魚もサンゴも絶好調です
全てが適正値であることが1番良いと思いますが逆に数値ばかり追いかけ過ぎると自分が疲れてしまうし添加剤の多投与による水槽内のバランスが崩れる方が心配です。
なんと言っても1番は無脊椎用に開発された良質の人工海水でこまめな換水をすることだと思います。
換水に勝る水質改善はないと思っています。
人工海水で代表例を挙げるとインスタントオーシャンで添加剤を使用するのではなくリーフクリスタルで添加剤は使用しなくても1~2週間に1回、1/4~1/2程度換水をすることで良好な状態をキープできるのではないかと考えています。
実際リーフクリスタルは飼育開始当初に数ヶ月使った程度の為、現在使用している人工海水とは成分が違うと思いますので今の水槽を維持できるかはわかりません。
ただ確信はありませんがインスタントオーシャンを使用するよりはリーフクリスタルを使った方が良い結果が出ると思います。
人工海水のコストは高くなりますが添加剤が不要な分、水質維持に関するランニングコストは減ると思います。
良質の人工海水でこまめに換水して尚且つ添加剤も入れれば良いのですがランニングコストがね・・・
まぁ良質の人工海水を使えば必ず飼育がうまく行くってことではないので勘違いしないでください。
水槽全体のバランスが1番大事ですので。
色揚げに関しては照明だけでなく水質の方も色の維持には関係していると思っています。
同じ照明下でもインスタントオーシャンとリーフクリスタルでは色揚がりも違うのではないかと。
あとガラス面に付く石灰藻に関しては2週間に1回の換水では目に見えて減って来ますが1週間に1回の換水では目に見えて増殖してきます(2週間もあれば差がわかります)。
このことからも添加剤を使用するよりも良質な人工海水でこまめな換水の方が生体の調子は良いと思います。
以上全てが経験したことではありませんので参考程度にしてください。
またインスタントオーシャンを使用していても状態も色揚がりも調子良くサンゴを飼育されている方もいるはずです。
十分な器材が揃っているのにサンゴをうまく飼育できないと感じている方はワンランク上の無脊椎用の人工海水で換水をこまめにしてみては如何でしょうか
サンゴの開きやポリプの出が良くなることと思います。
あと殺菌灯ですが設置しているとサンゴの病気も罹りにくいと聞いたことがあります。
※インスタントオーシャンとリーフクリスタルを参考としましたが一般的に知名度が高くわかり易いの
  で特別な 意図はありません。
  あくまでも特別に無脊椎用として開発していない人工海水と無脊椎用に開発された人工海水を比
  較するためです。
  リーフクリスタル以外にも無脊椎用に開発された人工海水は色々ありますので自分の飼育する
  生体にあった人工海水を見つけてください。
スポンサーサイト

エサの時間

久しぶりにエサの時間をどうぞ
エサの時間
コリンズは他のヤッコを追い払いハギにも向かっていくやつですが餌食いがイマイチ
もっとモリモリ食べてまるまる太って欲しいですね。

レイアウト変更

一昨日やってきたスギノキをレイアウトするために昨日スギ林を一部解体。
大小含め10本くらい動かしたかな
来月まであと少しなので公開は4月の水景で

大当たり♪

ふふふ。
昨日に引き続きやって来ました(^^♪
仕事帰りにはらやんさん邸にお邪魔して引き取りに
これ↓  スギノキミドリイシ
スギノキ6
何週間か前からHP上で気になっていた個体ですがたまたま昨日はらやんさんがそのショップに寄ったので一緒に連れて帰って来て頂きました
写真だけじゃどうしてもわからない色や状態を確認して電話まで頂き大丈夫そうだったので。
実物を目にしてこれは大当たりでしたね
ブルーが目立つスギ林にどうしてもイエローグリーン系がもっと欲しかったんですよ。
今のレイアウトにそのままレイアウトするかスギ林の一部を解体してブルーの中に入れるか考え中・・・。
かなり成長して枝が入り組んでるから一部解体は難しいだろうなぁ
はらやんさん本当にどうもありがとうございましたm(__)m

通販

ピンポーン。
来た来た
サンゴがトラックに揺られてやって来ました。
通販では初めてのトップラッシュですが店舗には行ったことがあるので安心です。
スギ林の左端が空いていて高さが20cm程のスリムな形状のスギを探していました。
するとトップラッシュにぴったりのスギが
先週から連日購入してるので悩みましたが我慢できずにポチッとな
これ  トゲスギミドリイシ
スギノキ5
どうレイアウトバッチリでしょ
理想通りの個体に巡り会えて良かった
なかなか理想の大きさ・形・色・価格に出会うのも難しいですからね。
今回は大した個体ではないですがレイアウト的に大当りでした
いや~それにしてももう買うまいと思って今月はずっと購入を控えてましたが一度買い始めると止まりませんね
まずいまずい。
また明日何かが来るかも…

ショップ巡り

港北に用がありそれならばとショップ巡り
1軒目:マリンルートワン
綺麗なミドリイシがあるが非売品
他は特に食指が動かず新刊のマリンアクアリストを購入。
マリンルートワンはマリンアクアリストもコーラルフィッシュも発売直後から10%OFFなのでいつもここで購入。
2軒目:ペットエコ横浜 都筑店
特に何もなかったですね。
値段はちょっと高めかな。
3軒目:カジカ
新しく設置されたLED水槽は綺麗でLPSが輝いていました。
あなごんべもLED買ってみようかな。
特に何もなし。
4軒目:ペットエコ横浜 港北NT店
こちらのペットエコでも何も買わなかったがいい魚がいたかも
レッドヘッドゴビーは前からの生き残りかな
かなり大きくなってました
2,980円の超特価なので欲しい人は急げ
あとマルチカラーのペアがいました。
昔欲しかったマルチカラーのペアですが今の水槽にはちょっとね。
29,800円でした。
これもおすすめかも
まぁ全般的にアクリル水槽が傷だらけで魚の色と状態が分かり難いかったですね
5軒目:AREA
ここではらやんと合流。
まず目に飛び込んで来たのが濃いグリーンの枝アワサンゴ。
昔から枝アワサンゴには興味なかったが安かったら買ってしまおうかなぁ。
と考えながら値段を聞くと枝アワサンゴでこの大きさではちょっと高いかなと思ったのと先日スプラッシュで購入してしまったのでここは我慢
のはずが未練たらたらで眺めていると…
2個あると思った個体がもしかして1個体ということに気付いてしまった
念のため確認するとやっぱり1個体。
ということでなんの躊躇もなく購入
これ  枝アワサンゴ
枝アワサンゴ
今日も色に負けて買っちゃった
でも特しちゃった気分です
どこにレイアウトしようかなぁ。

ショップ

今日はあなごんべおすすめのショップであるスプラッシュに行って来ました
いや~前のショップと比べると気持ち良いですね。
スプラッシュは販売水槽を眺めているだけで気分が良くなります
ほんと綺麗ですよ
今日の目当てはトゲスギ
ブルーの綺麗な個体がたくさんありました。
30cm級の枝振りの見事な個体がありましたね
でもあまり大きいのは入らないし…。
ブルーもたくさんあるし…。
でも入荷連絡まで頂いたからなぁ・・・。
でトゲスギではないですがあまり見ない綺麗な色で枝振りの良い枝ミドリイシをゲット
これ  枝ミドリイシ
浅場ミドリイシ1
ほんとはもっと枝が密集していないトゲスギが欲しかったのですが色に負けた
でも写真じゃあまり綺麗じゃないね
ベースがイエローグリーンの素質がありそうなのでそれに賭けました
あとすぐ近くにあった別のサンゴもすごーくすごーく気になって気になって仕方なかったのですが今の貧乏あなごんべにはちょっと2個は厳しい
でも値段を聞いたら社長が安くしてくれたので逝っちゃいました
これ  オオバナ
オオバナ7
小さくて綺麗でしょ

ショップ

今日は久しぶりに都内のB店へ行ってきました。
HPに気になるサンゴが…あったはずなのだが。
相変わらずHPの写真の色と実物は全然違いますね
HP上のあの綺麗なサンゴはどこにあるのだろう?といった感じです。
大袈裟に色を強調してるというより着色している感じですか。
こりゃ通販で買った人は怒りますわ
というかあまりの違いにビックリしますよ
しかも実物を前にして『これは○○色だよ。うん○○色だね。』と2人揃って言うんですから。
もしかしたら色を勘違いしてるのでは?と思ってしまうほどです。
例えばホワイトをピンクとかイエローとか。
通販は激注意です。

超プチレイアウト変更!

レイアウト直後から高さと向きが気になっていたグラヌローサの超プチレイアウト変更を実施
変更前と変更後の違いわかりますか
変更前
プチ変前
変更後
プチ変後
グラヌローサの上下のサンゴとの隙間が変わってるでしょ
ライブロックの欠片を駆使して高さと前後の傾きと左右のバランスを調整しました。
これでモヤモヤしていた気分がすっきり

コリンズのその後・・・

初公開シリーズに続き今度は「その後・・・」シリーズが気に入ったみたい
最近巷ではコリンズフィーバーになってますね。
あなごんべは2/21に購入後、親方~さんから借りた450×200×200の餌付け水槽にライブロックを新たに購入し設置して2週間。
フレーク、クリル、メガバイト(2種類)、メディマリン、冷凍ハンバーグ、冷凍ブライン、冷凍コペポーダ(2種類)、生イサザアミ、生ブライン、レタス、キャベツ、ワカメ、コハナガタ、カクオオトゲ、オオバナをあげましたが唯一反応をみせたのがオオバナだけ
でも投入後ちょっと突いただけで食べるという感じまでは行きません。
そこで先週アクアステージ21のAさんに相談したところ・・・
「隔離ケースを狭くして何もない環境を作るのも手かもしれません」
というアドバイスを頂き8日に実践してみました
メイン水槽にビッグフィッシュハウスを浮かべメガバイトを与えてみると・・・
なんと食べるではないですか
浮いてる餌も沈んでる餌も食べてます。
冷凍ブラインもあげたら食べてる
何も食べなかった2週間はなんだったのだろうか
見向きもしなかったですから不思議ですねぇ。
ということで先日放流しちゃった
無事に先住魚に馴染んでくれるといいのですが・・・。
1番新入りのくせにパウダーブルータンがちょっと威嚇してるかな
コリンズ3

深場ミドリイシのその後・・・

年明け早々に仲間入りした深場ミドリイシ
最初から真っ白でもうダメかなと思った程の個体で買うつもりはありませんでしたが商品券の余った500円分くらいの殆どおまけで売って頂いた(貰った?)個体です。
2ヶ月ちょい経った今蛍光グリーンに光輝いています(^^♪
これだけ綺麗に化けてくれるとうれしいですね。
これ
深場ミドリイシ9

比重計のその後・・・

以前、塩分濃度屈折計で計った比重の値について触れましたがようやく決着がついた!かな?
少し前にゼンスイのデジタル比重計と塩分濃度屈折計で測定値に差がありどちらが正しいのかとコメントを頂きました。
結論から言うとどちらも正確だそうです。
デジタル比重計の製造メーカーから連絡があり「基本的な原理は同じでデジタル比重計は光の屈折を機械が読み取り屈折計は人が読み取るだけの違いなので同じ値がでるはずですが0.003程度の誤差であれば精度誤差範囲内です。普及レベルの価格では弊社の技術では限界です。測定の値にバラツキが無ければきちっとした性能を発揮しているのでその値を基準にして頂ければ問題ないと思います。」とのことでした。
両者を持ち込めば値を合わせることは可能だそうです。
あと当然アクアリウム業界の会社ではないのでどのくらいの比重で飼育すれば良いのかはわかりませんとのことでした
両者はプラスチック製の比重計に比べれば測定のバラツキの無さや精度は良いと思うのであなごんべはここに宣言します
塩分濃度屈折計で1.024を基準にします
現在は1.025で飼育していますが魚も多いので少し低くして1.024にしたいと思います。
過去の経験から塩分濃度屈折計で1.023~1.025の間で飼育していれば調子良いので間違いないでしょう。
ちなみに生体を購入したショップの海水を塩分濃度屈折計で計ると殆ど1.024±0.001くらいです。
例外もありますが・・・。

UVカットフィルムのその後・・・

1ヶ月半程前に深場ミドリイシへのUVの影響を懸念してガラス蓋に車用のUVカットフィルムを貼ってみました。
直後にだにさんからコメントが・・・。
結論から言うともっと早くコメントを頂いていればと言った感じです_l ̄l○
まぁ記事にする前にコメントは頂けませんが
だにさんも試されたようで効果がなかったようですね。
私もそう感じたので剥がしました。
効果がなかった所か逆にシンプレックスとロリペスは色落ちしたように思います。
シンプレックスは徐々にパープルに色が揚がっていましたが完全に止まりパープルも薄くなって来ました。
ロリペスも先端のブルーが枝と同じグリーンに近い色になって来ています。
他は目に見えての変化はありません。
どうやらパープルとブルー系に影響が出るみたいですね。
良い経験でした。
というかだにさんてご存知ですか
勝手にリンクさせて頂いていますが知る人ぞ知る自作のスペシャリストです
何年も前に飼育に無知だったあなごんべでも知っている存在でしたので凄いお方です。
当時、特にダニクールには憧れましたねぇ。
何か自作したいなと思っている方は絶対に覗いてみてください
凄いですよぉ

水槽移動大作戦!

8日の日曜日に1ヶ月ほど前から計画していたはらやんさん邸の水槽移動大作戦を決行
ただ1本の水槽を移動するだけではなく水槽部屋から600を出して900も出して1200を900のあった場所に移動して1200のあった場所に900を移動するというシャッフル
そんな計画の直前に体調を崩して1週間会社を休んだあなごんべは決行日に体調をコントロールして立て直したのはその道のプロかあはは
そしてこんな大変な作業を1日でやろうという楽しそうな企画に参加して頂いたのはお馴染みの親方~さんコケキチさん、そしてあのこまつさん
こまつさんは最近飼育を始めた方には馴染みのないお名前ですが数年前まで超綺麗な水槽を維持されていた超有名な方です。
私も駆け出しの頃こまつさんのHPを参考にあれこれ考えたものです。
特にTry&Errorは必見で当時1番参考になりました。
そして初めてスイハイにお邪魔したときに見たあの水景は今でも覚えています。
有名なベテランの方の水槽ってこういうふうに輝いているんだと思いました。
そういえばその時に初めてはらやんさんにもお会いしたんですね。
いや~懐かしいです。

さて本題に・・・
このような作業は何があるか分からないので無駄なものでもあったらよかったと思われるものを車に積んでいざ出発
予定より少し遅れましたが1番で到着。
まずは現場確認でイメージして問題なし。
あなごんべの計画では午前中までに1200水槽を移動するところまでは確実にやっておきたい作業。
何故かというと午後からコケキチさんがデートで抜けてしまうと
力持ちの親方~さんとコケキチさんがいないと砂の入った1200水槽は動かせないだろうと
特に病み上がりのあなごんべは力が出ないし
あなごんべは殆ど指示を出すだけでこまつさん、親方~さん、コケキチさんに頑張って頂けたおかげで途中予定外の壁の穴開け作業等がありましたが順調に作業は進みました。
1200水槽の位置さえ決まればあとはとにかく海水を循環させるべく配管作業。
ここでこまつさんの腕がピカッと
丁寧・迅速・正確と3拍子揃った配管テクニックは感心させられましたね。
仕上げも綺麗でした。
こまつさんがいらっしゃらなければあなごんべが配管する予定だったので助かっちゃいました
更に勉強にもなったので良かったです。
1200水槽の配管作業中に親方~さんとコケキチさんに移動設置してもらった900水槽の配管もお願いしちゃいました
やがて陽が落ちて街に闇が下りて来る頃には海水の濁りもなく生体を水槽へ入れられるところまで来ました。
大変な作業でしたが皆さんで力を合わせて2本共海水を循環させることができたので良かったし何気に楽しかった
今思い浮かべるとクーラーの移動設置配管と1200水槽のレイアウトくらいしかしてないような気がしたあなごんべでした
皆さんお疲れさまでしたm(__)m

2009年3月の水景

2009年3月水景

水槽左側
2009年3月左

水槽中央
2009年3月中央

水槽右側
2009年3月右

サブタンクはコリンズ餌付け中のためごちゃごちゃしてるのでなし(^_^;)
おまけで照明の反射が写らないよう上から撮った水景。
水槽左上
2009年3月左上

水槽右上
2009年3月右上

この1ヶ月ダメになったサンゴはありませんでした
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。