スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

照明の点灯時間

あなごんべ水槽の照明がどのように点灯して行くかタイムチャートを作ってみました。
こんな感じ
点灯時間
ご覧のようにメタハラ1台の点灯時間は4時間です。
全体的に徐々に明るくなり徐々に暗くなるようにタイマーで設定しています。
浅場エリアは最大900Wで2時間30分をピークに強めの光が計7時間照射されています。
中場エリアは最大400Wで1時間30分をピークに浅場エリアの漏れた光を含めやや弱めの光が計7時間30分照射されていています。
深場エリアは最大400Wで2時間をピークに弱めの光が計6時間照射されています。
各エリア共これほどの照明は必要ありませんが特に浅場エリアは枝が複雑に絡み合っているため左・前・右と色々な角度から光が当たるように照明を配置した結果約45cm四方に900Wとなってしまいました。
真上からの照射だけであればMT-250Sのような集光タイプの灯具で250~500Wもあれば十分だと思います。
中~深場エリアはデルフィスのような散光タイプの灯具で500~250Wがベストマッチングだと思います。
あなごんべ水槽の深場エリアでシープロ250は少し強い感じがしますね。
照射位置をもっと高くできれば良いのですがこれ以上上がりません
デルフィスの灯具ならもっとムラなく綺麗に色揚がりするのではないかと。
誰かデルフィスの灯具余ってないかなぁ

お勧めのタイマーはパナソニック電工(購入時は松下電工)の「TBC171」
これ
TBC171.jpg
1500W対応で高力率の安定器のメタハラなら400W×2台までOK
(アクア用のメタハラの安定器は殆どが高力率です)
だから250Wを2台接続しても大丈夫
しかも安い(マリンルートワンで買えば・・・)
あなごんべはこのタイマーをメタハラ用に5台使用しています。

メタハラに関してはこちらを参考に→メタハラの考察
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。