スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年7月の水景

メインタンク
2009年7月水景
2009年7月上
2009年7月下
2009年7月左
2009年7月中央
2009年7月右

サブタンク
2009年7月サブタンク

先月は右側エリアを大幅変更
大型の個体を里子に出して枝系の深場を集めてみました。
同じテーブル状でも雰囲気が全く違うので思った通りのレイアウトが出来ました
この1ヶ月ダメになったサンゴはありませんでした

おまけ
スポンサーサイト
コメント

No title

サブタンクの照明変更してませんよね?
白色を足したように見えるのですが・・・
いつ見ても唸ってしまいますね(^O^)

No title

奥行きのある水槽に段々のテーブルがたまらないですね~!ウチじゃこうはいかない^^;

No title

いつ見ても、見惚れちゃう水槽ですね~。
それでいて、魚も沢山いて、良く維持できるなと尊敬しちゃいます!!

No title

いやぁ~いつ見てもため息の出る素晴らしい画像と映像ですね・・・被写体の差は、どうしようもありませんが、撮影技術勉強してみますm(__)m

 

○いてB♂さん
サブタンクの照明は変わっていませんよ。
BB450×2、RB37×1です。
次回の交換時にはBB450×3にする予定です。

 

○ぽんさん
奥行きはもっと欲しいですよぉ。
あと15cmいや30cmあれば空間がもっと持てて良いレイアウトが出来ると思います。

 

○ヒゲオヤジさん
特別なことは何もやっていないんですけどねぇ・・・。
オーソドックスなベルリンシステムです。
良くわかりませんが確かに調子良いです(^^♪

 

○kt0525さん
ありがとうございます(^^♪
写真技術はまだまだですよ。
皆さんのようにもっと綺麗に撮りたいです。

No title

イヤ~素晴らしいです、特にスギ林が最高です、何故にこんなに上手いのか?

やっぱりこの水槽は最高です。

 

○warioさん
いや~スギ林はwarioさんには敵いませんよ。
今度見せてくださいね!
楽しみにしています(^^♪

 

○しゅうさん
ご訪問ありがとうございます。
水質がベストのようですが死んでしまった魚にとってはベストではなかったようですね。
お話の内容がちょっとわかり難いですがろ過材をシポラックスに交換したら突然死んでしまったのでしょうか?
そうだとしたら30cmの過密飼育でもなんとかバランスを取っていたバクテリアが一気に無くなってしまったのが原因でしょう。
試薬で測れる水質はベストでも良い飼育水の要因は他にたくさんあります。
バクテリアはベストな状態でしたか?
ちなみにうちの水質はベストではありません。
アンモニアも検出されますしKHも水槽飼育で推奨される値よりも低いです。
でも全体のバランスが良いみたいなので魚もサンゴも殆ど死にません。
バイコムやB-4のバクテリアは水槽設置時やリセット時の使用は良いと思いますが継続して使用しなくてはならない水槽でしたらベストな水質ではないでしょう。
淡水魚の飼育と違い水量が少ないので過密飼育は禁物です。
30cmOFでしたら5cmほどのヤッコ1~2匹で飼育された方が良いかと思います。
まずは水槽サイズに見合った生体数又は生体のためを考えた水槽サイズを考えてみては如何でしょうか?
いきなり厳しい助言となってしまいましたが生き物なので大切に飼育して行きましょう!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。