スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深場ミドリイシを蛍光灯で飼育してみよう!

サンゴ飼育の趣きを変えるためにメインタンクとサブタンク両方のサンゴを殆ど里子に出してしまって早2ヶ月半。
メインタンクはユラユラ系でサブタンクはニョロニョロ系にする予定でしたが財政難であることと欲しい個体が思うように手に入らず時間が経ってしまった・・・。
メインタンクは試しにユラユラ系を入れてみたもののミドリイシも飼育している現在の水流システムでは水流の強さであまり開かずレイアウト場所がかなり限られてしまいました。
そこで以前の水景を見ると今の水景は寂しいですね
と言うことで深場エリアだった右側にはイソギンチャクとユラユラ系を残し左側と中央はミドリイシを復活させちゃいます
照明も400W減らしましたが250Wを戻して合計1550Wに。
サブタンクは殆どのオオバナとライブロックも全て出し砂地を広く取ってニョロニョロ系(ガーデンイール)を飼育しようと思い数匹入れてみましたが出て来ず
亡骸もないので砂の中で遊んでるのかな死んでしまったかな
ライブロックが全くないと小型ハゼたちがかわいそうなのでメインタンクで行き場を失ったライブロックを1つ移動。
これに深場ミドリイシのシンプレックスのちびっこが付いているんですねぇ
メインタンクから付いた状態のまま移動して来て約2ヵ月が経ちましたが変化なし。
もしかしてこのまま蛍光灯で飼育できるかも
と言うことでチャレンジしてみます
サブ_シンプレックス
なんてったってあなごんべはむか~し蛍光灯でミドリイシも飼ってたからね。
色揚がりしなかったけど
9年前の当時の水槽
旧タンク
水槽中央上部にミドリイシがあるでしょ
この頃はまだミドリイシに興味がなかったんだけどマリンルートワンで初めてのメタハラのアストロビームを購入して設置したら見る見る色揚がりして「スゲー」と思ったのを覚えています。
そしてミドリイシにハマった過去の水槽も今度紹介しますね
スポンサーサイト
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。