スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あ~ニシキヤッコ逝く・・・

ちょうど2年飼育していたマーシャル産のニシキヤッコがたぶんお亡くなりになりました
少し前からあまり姿を見せなくなり最近はチラッとライブロックの隙間から見る程度でしたが見当たらなくなってしまった。
絶好調で2年生きて来たのに突然の死です。
さてここで何故2年も元気に生きて来たニシキヤッコが死んでしまったかわかる方いますか
こればかりはわからないと思います。
水質が悪いんじゃないかストレスが溜まってたんじゃないか餌が不味かったんじゃないかなど推測は出来るものの確かな回答は飼育している我々にはわからないと思います。
少し前に知らない方から『1年2年飼育していた個体が突然死んでしまうけど長期飼育のコツはありますか?』と質問がありました。
1年以上問題なく飼育して来た個体が突然死んでしまうのはコツと言うよりも個体自体の影響が大きいのではないかなと思います。
専門家でも学者でもないあなごんべには普通の人が普通に出来るくらいのアドバイスくらいしか出来ないので
なんと言ってもあなごんべ水槽が普通のベルリンシステムで特別なことは何もしていないもんでね。
そうは言ってもあなごんべも何故と思うので調査してみました
洋食屋養殖屋さんからの情報らしいですが魚が成長して行く過程でどうも死にやすい時期があるようです。
その死にやすい時期に持ちこたえられる個体かどうかが長期飼育のポイントになりそうです。
人間にも成長痛なんてのもありますから魚にも体の変化があるんでしょうね。
思い返せば実は今いる2年飼育のマーシャル産のシマヤッコもニシキヤッコと同じような感じになって復活したんですよ
突然調子が悪くなって1ヶ月くらい殆ど見かけなくて新たにシマヤッコの購入を考えていたらいつの間にか復活しました
そんなシマヤッコの前例があったのでニシキヤッコも期待したのですがダメでした
死んでしまったマーシャルニシキの分までインドニシキに長生きして貰いましょう
皆さんも同じような経験があるのではないでしょうか


スポンサーサイト
コメント

No title

あるある!

ホントに突然ですから、なぜ???ですよね。
確かに瀕死に近い状態から復活した個体は
安心感があるような。。。

ちなみにスギのイメージは
私じゃなくでS木さんとかI島さんとかがおっしゃったんですよん♪

うちも春に2年飼育のマーシャルニシキがシマに突然攻撃されボロボロ☆に、続いて2年半のフレームも突然☆になってしまいましたなるほどそういう事もあるのですね!丁度その時期だったのかもしれません

No title

ほんとに、、病気とかの兆候は全くなくて、
ただ、ホントに元気ない、と言う感じで、
見守るだけしか出来ない時がありますね。
じたばた隔離したりすると、意外にもたずに、
そっと様子見、、してた個体だけが持ってるような気がします。。
(もっとも、弱り目、な時に、ガンガン他の魚に追われたりすると
 そんな余裕もないんですけど)

なるほどですねぇ、、言われてみれば、ありますね、と言うお話ですね。

No title

そうそう、何故か有る程度経ってから。
しかも原因不明のことがほとんどね、対策のしようが…(;~_~)
これぞあるあるネタですね。

 

○親方~さん
だしょだしょ!
確かに安心感もあるかも!
シマは以前よりも肉付きがよくなりましたよ。

 

○アキオさん
そうなんですよ!
ただ元気がないって感じなんですよね。
ライブロックの影でフラフラと。

 

○kt0525さん
私も聞いたとき「なるへそ!」と思いました。
数多くの魚の稚魚から飼育している養殖屋さんの話なら納得できそうです。

 

○ひろさん
ある程度飼い込んだ魚の死は謎ですよね。
魚に大きな変化が見られない限り原因はわかりませんね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。