スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

システム

GWに時間があったのであなごんべ水槽のシステムをカキコφ(..)してましたので紹介しちゃいます
まぁ簡単に言うと標準タイプの600×300×360(H)のオーバーフロー水槽で超普通のベルリンシステム。
通常の600水槽のシステムと違うのは強いて言えばサンプを外に置いているので900×300×360(H)とちょっと大きめなことくらいかな。
と言っても半分くらいしか海水を入れていないから約45Lくらいです。
あと各器材は余裕を持っています。

クーラーはレイシーのLX-180EXとLX-110GXを使用。
飼育生体が器材よりも遥かに高いから万が一を考えクーラーは余裕のある機種を2台設置。
クーラー2台設置は1200水槽の時からだけど今回はちょっと違う方法で設置しています。
1200水槽の時は水量が多く揚水量も多くて大丈夫だったから揚水ポンプを2台設置してそれぞれにクーラーを繋げていました。
これは万が一どちらかのクーラー又はポンプが故障で止まってももう片方のポンプとクーラーで循環してるので問題なーい
でも600水槽ではフロー管が細いためそうもいかない
そこで思い浮かんだのが水槽内でクーラーを繋げた海水の循環システムを作ること。
で購入したのがエーハイムの外部式フィルター。
初めはMP1200を使ってみたけどブーンという耳障りな音が大きかったので静かな外部式フィルターに変更しました。
値段と流量と配管のメンテナンス性を考えクーラーと簡単に切り離せるダブルタップを使用しているNEW2217をチョイス。
旧2217は50Hz地域だと800L/h(60Hz地域は1000L/h)だけどNEW2217は1000L/hなんですよ
そして2217の給水口をコーナーBOX内に入れて排水もクーラーを通してコーナーBOX内に戻す。
メインポンプからの戻りはシースワールを使っているので標準の吐出口が余ってるからそこに2217の排水を接続。
なので一見外部フィルターを使っているようには見えない
これなら万が一メインのポンプ又はクーラーが故障しても大丈夫
クーラーを2台設置する際の注意点というか推奨は別々のポンプと電源から取ること。
ポンプ1台にクーラー2台設置した場合はポンプが止まってしまえばOUT
別々に設置しても同じ電源(ブレーカー)から取った場合もブレーカーが落ちればOUT
だからメインポンプとメインクーラー、サブポンプとサブクーラー、そして電源をメインとサブを独立で取ればポンプとクーラーによるトラブルは回避出来ます。
まぁ停電したり家全体のメインブレーカーが落ちたらOUTだけどね。。。
これからの季節はクーラートラブルを良く聞くので中古でも良いから安く買って2台設置をお勧めします
古い記事ですがクーラーのトラブルについてはこちらをご参考に。
吉原さん今は常務取締役だったかな。。。
最後の「次は「ZR・ZCの違い」について書きたいと思います」も書いて欲しかったですね。
これについては簡単に言えば生産国が違うのと使っている部品が違い耐久性がZCの方が良いということです。
例えば文中に書いてあるように「クーラーは設定温度に到達するまで動き続ける」ので余裕がないクーラーを使うと1時間も2時間も動き続ける。
そうするとZRの方が壊れ易いことになります。
極端な話、ZRは連続運転数時間で壊れるけどZCは1日連続運転しても大丈夫・・・みたいなことです(正確な時間ではなく極端な例え話ですので誤解がないように)。
さて大幅に脱線してしまいましたが話は戻って・・・。

照明はデルフィスのレフムーブDSR-150を使用。
球はグラッシーグロウのスーパーブルー25000K。
スギノキのような浅場系のミドリイシを飼育しようとは考えていなかったので初めは蛍光灯60Wでしたがやっぱりメタハラが欲しくなり1灯で万遍なく照射出来るレフムーブの150Wをチョイス。
欲しい時にマリンルートワンで中古がないか聞いたら希望通りの値段であったので即決
システムLEDのKR93SPも考えたが値段に負けてメタハラを選択。
LEDでも結局100Wの消費電力になっちゃうし中古メタハラとの値段差16倍弱ではまだ買うに至らず
球を年1回(5,000円)交換したって約15万円分の差額がなくなるのは30年近く先。。。
まぁクーラーの稼働率やなんだの細かい電気代のこと言ったらもうちょっと短くなるけど20年も25年も短くなる訳でもないし。。。
でレフムーブ150Wにしてから3,500円と安かったスギノキを試しに入れてみたらなんと綺麗に色揚がりもして飼育も問題ない。
1200水槽の時はスギノキエリア(約45cm四方)に900Wのメタハラを当てていましたが全然必要ない
ただ多灯と違い色々な角度から照射出来ないので光が当たっていない所の色はしょぼい。
でも150Wでスギノキも十分色揚げ可能です

殺菌灯はナプコのQL-40を使用。
これも水量が約90Lなのでかなり余裕があります
なぜこれをチョイスしたかと言うとQL-25以下だと効き目があまり無いから。
QL-25の時は白点病でひどい目に遭いましたがQL-40に変更してからは白点病すら出ていません
設置場所さえあれば絶対にQL-40をお勧めします。
ただ小型水槽に設置すると水温上昇が早いのでご注意を

プロテインスキマーはH&SのHS850を使用。
あなごんべが海水魚を本格的に始めた頃は内部式ではH&Sしかなかったかな。
これは600のOFでは丁度良いスペックかなと思います。
H&Sの良い所は設置が簡単、メンテが簡単、ポンプが省電力、性能も抜群で文句なし
ダウンドラフト式もあって性能はH&Sより優れていたみたいだけどデカイポンプ、デカイ本体、メンテが面倒だったので検討もせず
過去に使ったスキマーはシークロン→東熱スパイラル→HS400→HS850→HS1500→HS3000→HS850とH&Sだらけです。
今はたくさんのメーカーから良い製品が出ているので次回買う機会があればインサンプ型で他のメーカーを使ってみたいですね。

最後になりますが水流には拘っていて下記の6つの水流があります。
①PMD-581B2M:サンプからの揚水で右手前にシースワールを設置して90°行ったり来たり
②2217:右奥から左前へ斜めに
③コラリアナノ:右中央上部からそのまま左へ(連続運転)
④MJ500:右中央上部から右奥背面へ(5秒間欠運転)
⑤MJ500:右中央下部からそのまま左へ(5秒間欠運転)
⑥NWA1000:右中央下部から中央前面へ(5秒間欠運転)
これでかなり複雑に水槽内全体に水流が回っています

とまぁこんなシステムです

あっそれから照明を250Wにしたいなぁなんて考えています。。。
レフムーブどこかに余ってないかなぁ
誰か譲ってくれないかなぁ
スポンサーサイト
コメント

No title

こんばんはー
クーラー2台設置のメリットを詳しくご説明くださいましてありがとうございますm(_ _)m
確かにメリットは絶大ですが、現実的にはなかなか難しいです(汗
最初は理解者だったテトさんは今では反対派同盟の首謀者に・・・(T ^ T)

あ、泡王がもしかしたら某氏から出品されるかも・・・
確実になれば情報横流しします(笑
あ、でも60hzだ・・・



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

◎エーエイトさん
こんばんは!
うわぁーテトさんが反対派同盟の首謀者に・・・。
これはかなりハードルが高そうですね^^;
でもエーエイトさんのレベルならクーラー2台あった方が安心ですよ。
まぁうちは過去十数年一度もクーラートラブルはありませんが。。。
泡王欲しいですね^m^
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。