スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年12月の水景

2012年12月水景



ハシナガベラ:2008年3月8日~
ハタタテハゼ(石垣):2008年6月21日~
カクレクマノミ:2011年9月4日~
ホワイトソックス①:2011年11月19日~
キャンディーバスレット①:2011年11月19日~
シマヤッコ(マーシャル産):2011年11月19日~
ベントラリスアンティアス♀:2011年12月17日~
ホワイトソックス②:2011年12月17日~
キャンディーバスレット②:2012年1月15日~
ネオンゴビー:2012年1月15日~
イシガキカエルウオ:2012年2月12日~
マルチカラーエンゼル:2012年3月24日~
ジェムタン:2012年4月15日~
マルセラバタフライ:2012年6月10日~
キイロハギ:2012年9月1日~
チンアナゴ:2012年9月22日~
マッコスカーズラス:2012年9月22日~
ヒバシヨウジ:2012年9月29日~
ポッターピグミーエンゼル:2012年10月27日~
セソコテグリ:2012年11月17日~
フレームエンゼル:2012年11月18日~
フタホシキツネベラ:2012年11月18日~

スギノキ中央奥(イエローグリーン):2010年4月29日~
シンプレックス:2010年5月29日~
ハタゴイソギンチャク(セブ産):2011年8月18日~
ツツハナガサ小①(右1番上):2011年12月28日~
スターポリプ:2011年12月17日~
トゲスギ(左下左:グリーン):2011年12月28日~
ヒメシャコガイ:2012年2月26日~
トゲスギ(左下奥:イエローグリーン):2012年5月6日~
ハードチューブ(マーブル):2012年5月20日~
クダサンゴ小(トンガ産)(中央奥):2012年5月20日~
クダサンゴ中(トンガ産)(手前):2012年5月20日~
ツツハナガサ②(中段左):2012年5月20日~
ツツハナガサ③(中央下):2012年6月2日~
ツツハナガサ④(中段右):2012年6月23日~
ハナヤサイ:2012年7月21日~
トゲスギ(左下右:ミントグリーン):2012年8月24日~
ホソエダ(イエローグリーン):2012年8月26日~
オージー産(中央下):2012年8月26日~
養殖物(中央):2012年9月21日~
ホソヅツ:2012年10月27日~
ミドリイシ大(中央奥):2012年10月27日~
クダサンゴ(沖縄):2012年11月18日~
スポンサーサイト
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

◎非コメ?さん
ありがとうございます(^_^)/

>先月の全景と比較して色が随分明るくキレイに見えます(*^o^*)
>これはカメラ設定でしょうか?
>それにしてもスギの色がビンビンにキレイです!
今回は久しぶりにデジイチです。
60Dを出しっぱにしてたので撮ってみました。
オートですが綺麗ですよね。
スギはビンビンに来てますよ!

No title

60cmでこれだけの魚を入れてなおかつミドリイシも綺麗に維持するのは本当に凄いです。。。
質問なのですが、ツツハナガサには照明をどの程度当てていますか?自分も先日ピンク?パープル?のミクラクラドスを購入したのですが、中深場とのことで、SC(ABN)直下はどうかと思い、ギーゼマンの150Wが直撃ではない程度に当たる、水槽の端に置いているのですが、発色はSC下の方が良いみたいです。色揚げ、色維持をしようと思ったら、SC直下でガンガン光を当てたほうがいいのでしょうか?よければ教えてください!

 

◎おりふたさん
どもです。
ミドリイシって言ってもそんなに神経質にならなくても大丈夫ですよ。
水質を求めたらきりがないので適当なところで妥協しないとw
うまく飼えない人は根本的に何かが悪いと思います。
無脊椎向けの良質な人工海水さえ使って適当に添加剤入れておけば大丈夫です。
うちは一切添加剤も使っていませんがあった方が無いよりは良いと思いますので。

ツツハナにはシエロのコバルトブルー集光を20cmの距離からガンガン当ててます。
更に250Wのグラッシーグロウの25000Kが当たっていますね。
シエロのコバルトブルーが当たってるのと当たっていないのとではかなり違いますよ。
SC(ABN)だとちょっと青いかも知れませんね。
ピンクよりパープルよりになると思います。
過去の経験と仲間の状態を見るとガンガン当てて大丈夫と思います。
SC(BLN)じゃなければ中深場でもガンガンOKです(^^)
150Wは思っている以上に弱い(暗い)です。
まぁあくまでも経験なので水質が違うので保証は出来ませんが^^;

No title

こんにちは。お返事ありがとうございます!

>ミドリイシって言ってもそんなに神経質にならなくても大丈夫ですよ。
>水質を求めたらきりがないので適当なところで妥協しないとw
>うまく飼えない人は根本的に何かが悪いと思います。
>無脊椎向けの良質な人工海水さえ使って適当に添加剤入れておけば大丈夫です。
>うちは一切添加剤も使っていませんがあった方が無いよりは良いと思いますので。
なるほど~とても説得力があって参考になります。
あれやこれやと手を加えるのもアリですが、現状維持に努めて静かに見守るのもアリってことですね!
最近では添加剤は、試して効果があった物を選んで入れてます。(現在はNO3:PO4-x,コーラルカラーA,D,コーラルバイタラーザー)

>ツツハナにはシエロのコバルトブルー集光を20cmの距離からガンガン当ててます。
>更に250Wのグラッシーグロウの25000Kが当たっていますね。
>シエロのコバルトブルーが当たってるのと当たっていないのとではかなり違いますよ。
もしかしたらとは思っていましたが、ガンガンに当てていますか・・・
中場といえどもミドリイシはミドリイシなので、色揚げしようと思ったらやはり照明はガンガン当てないといけないということですかね。

>SC(ABN)だとちょっと青いかも知れませんね。
>ピンクよりパープルよりになると思います。
当てた感じ、パープルがより強く発色しているので、仰るとおりアクアブルーだとパープルに寄りそうです。
ピンクを維持するならやはりコバルトブルーですかね・・・例えばスーパークールだとどの球が近いのでしょうか?

>150Wは思っている以上に弱い(暗い)です。
60規格の浅い水槽なので、150Wでも結構強く照らせていると思っていましたが、そうでもないようですね・・・参考になります。

>まぁあくまでも経験なので水質が違うので保証は出来ませんが^^;
いえいえ、とても参考になります!いつもアドバイスありがとうございます><







コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。