スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラブル対策

暑いですね(^_^;)
水槽で夏のトラブルと言えばクーラーですよね。
よく行くショップの話では、今年もちらほらクーラーのトラブルが出ているとか。
幸いあなごんべは初めてクーラーを購入した2000年以来、日頃の行いが良い( ̄^ ̄)ので一度もクーラーのトラブルに見舞われたことがありません。
でもやはり心配なので対策はバッチリ取っています。
あなごんべ水槽のクーラーを含めたトラブル対策を紹介します。

1.サブクーラーの設置
現在メインでZC-1000E、サブでLX-250ESAを設置しています。
なんとかZC-1000Eでギリギリですが、訳あってサブにメインよりパワーのあるLX-250ESAを設置。
逆にすると万が一メインのLX-250ESAが止まった場合、サブのZC-1000Eでは冷やせない恐れがあるため。

2.サブヒーターの設置
クーラーのトラブルで意外と多いのがコントローラーの暴走。
水温が正しく計測出来なくて冷え過ぎたり温め過ぎたり。
そこで万が一コントローラーのトラブルで冷え過ぎた場合にヒーターが作動するように、別でサーモとヒーターを設置。
クーラーのコントローラーで制御しているメインのヒーターは夏場は外しています。

3.水槽内に循環ポンプの設置
万が一サンプからのメインの循環ポンプが止まってしまった場合、メインクーラーも機能しません。
それを避けるために水槽内だけで水温が維持出来るように、水槽内の海水を吸水してサブクーラーを通って水槽に戻しています。
これは夏場の暑い時期に換水したり、メイン循環ポンプや殺菌灯などのメンテでメイン循環ポンプを止めている時も水温をコントロール出来るので安心です。

4.機器の電源は4系統
1つのブレーカーが落ちても問題ないように下記の機器で分配しています。
まぁ停電したらアウトですが。。。
①メイン循環ポンプ、メインクーラー、スキマー、殺菌灯、サブヒーター
②水槽内循環ポンプ、サブクーラー、シエロ
③水流ポンプ、レフムーブ、蛍光灯
④スーパークール、LED

1番深刻で可能性も高いトラブルはやはりクーラーのトラブルです。
今では中古でも入手し易くなっているので、サブクーラーの設置をおすすめします。
特にミドルクラスの水槽以上でミドリイシをメインで飼育されている方は、生体の金額を考えるとクーラーなんて安いもんだと思います。
それと高級魚飼ってる人も。
ちなみにあなごんべはメインもサブも中古ですが、2台で68,000円でしたv(^^)v
スポンサーサイト
コメント

No title

おはようございます。
ベランダとかスペースがあるなら、システム維持に重要な箇所は、二重化しておくのがよいですね
うちは二台目のクーラーがおいとくにはちと邪魔だったので、モニタリング側を強化しました

◎mjnekoさん
ども!
nekoさんのおかげですよん(^-^)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。