THE!嫁の居ぬ間にw

今日もやって来ました・・・嫁の居ぬ間にw

とその前に。。。
午前中着予定の荷物が届く前に、9時頃から久しぶりに約95%(180L)の大量換水を実施。
人工海水をコーラルプロソルトに変更してから初めての大量換水です。
KHやCaなどが結構高めですが、特に問題なさそうですね。
ついでにメインポンプとスキマー用のポンプも分解清掃しました。
11時30頃に片付けまで完了して、あれを待つことに( ̄ー ̄)ニヤリ

いつものごとく、11時50分頃の午前中ぎりぎりに到着w
それはこいつだ!




































DMC-FZ1000.jpg
パナソニックのコンパクトカメラDMC-FZ1000だ。
全然コンパクトじゃないけどw
昨年購入したDMC-G6HはISO3200では使い物にならないし、レンズは35mm換算で28-280mm。
動画では30mm始まり。
何気に中途半端で、広角側も弱いし望遠側も弱い。
どうせISO3200で使えないなら、高感度に弱くても使い勝手の良いカメラに変えちまおうと。
で、DMC-G6Hを購入する際に検討したDMC-FZ1000に買い換えました。
レンズは広角25mm(F2.8)~望遠400mm(F4)で、動画もフルハイビジョンなら26mmから撮れます。
広角の4mmの差はデカい!
しかもマクロでは3cmまで寄れるし、何と言っても4K動画(広角37mm~)も撮れちゃいます(*゚▽゚)ノ
レンズ交換無しでこのスペックは使い易い!
ちなみにEOS 7DⅡでF4で400mmを実現するには、約30万円必要ですw
更にこいつは豆粒センサーではなく、コンデジにしては大型のセンサーを採用しているので、一般的な手のひらサイズのデジカメのISO400でもうダメなんてことはないでしょう。
特筆すべきは「4K PHOTO」でしょうか。
4K PHOTOは1秒間に30コマを4K動画で撮影して、その動画から約800万画素の写真として切り出せるのです。
今までのフルハイビジョン動画からでは約200万画素だったので、写真として使うにはちょっと厳しかったんですよね。
これを使えば小さい子供でも4K動画で撮り続けていれば、一瞬の良い瞬間も写真に出来ちゃいます(o^-^o)
赤ちゃん撮り~運動会までこの1台でOK!
しかもこのスペックで安い
室内でノイズの少ない綺麗な写真を求めるならフルサイズか最低でもAPS-Cのセンサーであった方が良いですが、運動会など明るい屋外で使う分にはEOS Kissなどの一眼レフよりも、DMC-FZ1000の方が良い写真が撮れること間違いないでしょう。
連写もEOS 7DⅡは秒10コマですが、DMC-FZ1000は秒12コマですw
室内でも明るいレンズ使っているので、そこそこ綺麗に撮れると思いますよ♪
コストパフォーマンスを考えると最強の1台でイチオシです( ´艸`)プププ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する