スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Zonotone(ゾノトーン)

昨日の午前中に黒猫に乗って、どんぶらこ~どんぶらこ~とやって来ました。
時間指定していないけど、いつも昼前には寄るから待つことに。
いつも通り昼前くらいにうちの庭の前にトラックが止まったので待っていると・・・来ない。
トラックを見ていると運転手が戻って来た(゚ロ゚屮)屮
庭から荷物がないか聞くと、あると言うので持って来て貰いましたヽ(´▽`)/
どうやら急いでいる時は、時間指定がなければ同じマンションに配達があっても後回しにするみたい。
まぁ確かに他に時間指定があればそちらを優先しないとですからね。
これは文句は言えない。
ちなみに佐川にはまたやられました。
3日前にも午前中着で頼んだら、「時間指定を見逃してました!」と13時前に掛け込んで来ました。
多少の遅れはいいのですが理由が……(ノ゚ο゚)ノ
そして同じ日の夜にまた佐川が来たので、荷物が届く予定はないしなんだろうと思いながら宛先を確認したら・・・うちじゃないじゃん( Д) ゚ ゚
「○○号ですよね?」って言うけど、町名も建物名も違うじゃねぇか( ゚д゚)ポカーン
佐川・・・無理だな。。。

さて本題に入りましょう。
Zonotone」ってなんぞや?と思たことでしょう。
私も3ヶ月ほど前までは聞いたこともありませんでした。
2007年に設立されたオーディオのケーブルなどを作っている会社です。
現在、カナレの4S6を使用していて特に不満はないけど、何となくヨドバシでおススメのスピーカーケーブルを聞いたところ「Zonotone」がおススメとのこと。
その時は初めて聞いた名前だし「ふ~ん」と思っただけだったけど。。。
そしてスピーカーを買ったオーディオの専門店にもおススメを聞いたら、「Zonotone」がおススメですとw(゚o゚)w
国産が故にこの価格帯で収まっているだけで、ケーブルのクオリティーはとても高いらしい。
カナレはプロ現場や工業施設用途に開発の着手がされているらしく、長尺を引いた場合の減衰がないといったメリットは得られるが、音の質そのもののクオリティを望む事はなかなか難しいらしい。
そう言われると気になり始めて、昨年12月にヤフーショップの買い物であと数百円で送料無料だったので、試しにセンタースピーカー用にZonotoneの「AVSP-1200Q Meister」を1m買ってみた。
「AVSP-1200Q Meister」を選んだ理由は、カナレの4S6と同じ4芯で値段が安いし、ホームシアターのカスタムインストールを念頭に開発されたものだから。
替えてみると違いはすぐに分かったよ(*゚▽゚)ノ
言葉ではうまく表現出来ないけど、低音から高音の音の広がりが気持ち良く感じられ、明らかに違いを感じた(o^-^o)
違いが出るならとフロントも替えたくなり調べていると、「AVSP-1200Q Meister」はZonotoneの高いケーブルで使用している「高純度6NCu」「高機能純銅・HiFC」を使用していないので、「高純度6NCu」「高機能純銅・HiFC」を使ってみたい!という思いが強くなって来た。
「高機能純銅・HiFC」は「21世紀発明賞」を受賞しているらしい。
フロントはバイワイヤリング接続するので4芯の「6NSP-4400S Meister」が欲しかったけど、さすがに高過ぎるので断念(´・ω・`)ショボーン
ワンランク下の「6NSP-2200S Meister」でも良いかなと思ったけど、こちらは2芯なのでバイワイヤリング接続するには片方のスピーカーに2本必要になるし、ちょっと太いかなと。
なもんで太さも値段も手頃な「6NSP-1500 Meister」で決まり( ̄ー ̄)
まぁアンプもスピーカーも高級機じゃないからね^^;
センター用約1mとフロント用約1.8m×片側2本×2組で計8mをお決まりの「やほーゾロ目くーぽん」を利用して全額ポイントで購入( ´艸`)
6NSP-1500 Meister
見た目も「AVSP-1200Q Meister」よりかっちょえぇです。
まぁ繋げちゃえば見えませんが。。。^^;
比較するために交換前に同じ場面を何度も何度も繰り返し聴いておきました。
ちなみに「ファインディングニモ」です。
映画のディスクは「ファインディングニモ」と「アナと雪の女王」しか持ってないので^^;
そういえば知ってますか?
DVDやBDは収録されている音声がいくつかあって、スピーカーの環境に合わせて音声を選択出来るんですよ。
今まではそんなことは知らずに、ディスク入れてそのまま再生してましたからね^^;
5.1ch用を選択してみたら雲泥の差でしたヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

では早速付け替えてみました(*゚▽゚)ノ
が!!Σ( ゜Д゜)ハッ!何を血迷ったかケーブルを替えた後に何も聴かずにアンプの自動音場補正をやってしまった\(;゚∇゚)/
でもスピーカーケーブルの交換によってどう変化したかわかりませんが、今まで以上に臨場感はヤバイほど良くなりました。
フロントとトップミドルを替えてもスピーカーケーブルを交換予定だったので、その後に自動音場補正をやろうと考えていたから設定がおかしいまま使っていたため、余計に違いを感じる結果になったと思います。
特にトップミドルの変更は大きかったかも。
ちなみにトップミドル変更に嫁さんは気付かぬままですw
他にもアンプのクロスオーバー周波数をスピーカーごとに設定してみました。
まぁ「6NSP-1500 Meister」も交換した効果があったと思いましょう♪
あとはセンタースピーカーをどうするかだな。。。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。